短時間で受けられると大人気|薬を注射で流し込むだけの脂肪吸引治療

レディ
  1. ホーム
  2. クリニックで脂肪を除去

クリニックで脂肪を除去

レディ

術後は回復を待とう

スリムな体を目指すには、美容クリニックで脂肪吸引手術を受けることが最も効率的な方法です。気になる部分の脂肪だけを除去できるため、部分痩せを目的として受けられます。お腹周りや太ももなど、悩みの種だった脂肪を除去し、理想とするボディラインを目指しましょう。脂肪吸引は、皮膚に管を通して吸引するため傷跡を心配される方もいますが、切開は数ミリに止まりますし、術後時間とともに落ち着いてくるので問題ありません。術中術後の痛みも負担になることは無いため、手術に対して過度に恐れる必要はありません。また、術後は内出血や腫れは2週間ほどで落ち着いてきますが、その間は患者さん自身も気をつけて生活する必要があります。術後1週間ほどで抜糸が行われるため、それまでは運動などを避けできるだけ安静にして待ちましょう。抜糸後も激しい運動などは避け、徐々に慣らしていくことが大切です。そして、抜糸までの間は入浴もシャワーだけにしておくことが無難です。特に傷跡が落ち着くまで、術後3日間程は患部に水がかからないように注意してシャワーを使用しましょう。術後の腫れやむくみを予防するには、サポーターで患部に適度な圧迫を加えることが効果的です。サポーターの使い方などはカウンセリングの際にしっかりと説明してもらいましょう。また、脂肪吸引手術はどうしても抵抗があって受けられないという方も、中にはおられるでしょう。そういった方は脂肪溶解注射を選択する方法もあります。脂肪溶解注射は、患部に薬剤を注射器で注入し、脂肪を体内で溶かしてして自然に排出させる除去施術です。注射のみの処置で治療でき、ダウンタイムも少ないので非常に手軽に受けられます。脂肪吸引に比べて除去範囲は狭くなりますが、広い範囲に一定の効果を望む場合は、期間を置いて繰り返し受けることができます。脂肪溶解注射も軽度ではありますが、術後1週間程腫れやむくみが現れます。運動も入浴もすぐに可能になりますが、施術当日は控えるのが無難です。運動や入浴による影響を過度に心配する必要は無いので、様子を見ながら徐々に慣らしていくと良いでしょう。脂肪吸引も脂肪溶解注射も、それぞれ効果的に脂肪を除去することが可能です。両方のメリットを比較しながら自身に合った方法を選択すると良いでしょう。施術後のケアについては、カウンセリングの段階でしっかりと説明を求めましょう。そして前述の注意点に留意して患部が落ち着くのを待つことが重要です。脂肪吸引と脂肪溶解注射どちらを受ければよいか迷っている場合は、両方の施術に対応している美容クリニックに相談してみましょう。