短時間で受けられると大人気|薬を注射で流し込むだけの脂肪吸引治療

レディ
  1. ホーム
  2. 脂肪を落とす2種類の方法

脂肪を落とす2種類の方法

医師

効果と費用を検証する

長年にわたり蓄積してセルライト化してしまった皮下脂肪は、ダイエットでは簡単に落とすことができません。そこで美容外科では、確実に脂肪を落とせる方法として、脂肪吸引や脂肪溶解注射の施術を行っています。どちらも脂肪細胞を分解し、体の外へ排出させることを目的にしていますが、効果や費用には違いがあります。それぞれの特徴を把握して、自分に合った方法を選ぶことが大切です。脂肪吸引は体の表面に直径1センチほどの小さな穴をあけ、そこから細いパイプを挿入して、脂肪細胞を強制的に吸い取ってしまう施術です。無理に脂肪を引き剥がそうとすると、血管が傷つき出血する恐れがあるため、超音波や水流で脂肪細胞を分解する場合もあります。直接的に脂肪細胞を除去するため、施術直後から効果を実感できるのが特徴で、二の腕やふくらはぎなどの部分痩せにも適しています。また、脂肪細胞の数は、減らしてしまえば増えることがないので、リバウンドしにくいというメリットもあります。ただし小さいとはいえ体に穴をあける必要がありますし、器具を挿入するとき内臓を傷つける危険もあるため、十分な経験と技術を持ったドクターを選んでください。脂肪溶解注射は脂肪吸引よりも体への負担が小さく、リスクを避けたい方に人気があります。痩せたい部分に注射をするだけで、脂肪細胞を分解する効果があり、液体となった脂肪は血液やリンパ液に吸収されて、やがて体外へ排出される仕組みです。費用が安く手軽に受けられること、施術が短時間で終わること、ダウンタイムがほとんどないことなど、脂肪吸引にはない多くのメリットがあります。そのかわり脂肪が排出されるまでに時間がかかり、施術直後に効果を実感することはできません。注射液の内容は製品によって異なり、1回で効果が期待できる注射もありますが、たいてい数回の施術を繰り返す必要があります。品質の良くない薬剤だと、ほとんど効果がない場合もあるので、極端に料金の安いクリニックには注意してください。また注射だけということで簡単に考えがちですが、未熟な医師だと施術した部分が凸凹になったり、注射の跡が腫れたりすることもあります。手軽なプチ整形でも、クリニック選びは慎重に行いましょう。全体としては、1回の施術で確実な効果を実感したいなら脂肪吸引を、あまり費用や時間をかけたくないなら脂肪溶解注射を選ぶのが一般的です。どちらが良いか迷っている方は、複数のクリニックで、脂肪吸引が良いのか脂肪溶解注射が良いのかについて、カウンセリングを受けてから決めるのも良いでしょう。