短時間で受けられると大人気|薬を注射で流し込むだけの脂肪吸引治療

美容整形でもっと輝く毎日に

クリニックで脂肪を除去

レディ

スリムな体を目指すなら、美容クリニックで脂肪吸引手術や脂肪溶解注射を受けるのが効率的です。ダウンタイム中のケアが重要になりますが、適切に対応すれば問題ありません。入浴や運動は患部が落ち着くまで控え、腫れやむくみが無くなるのを待ちましょう。

注射で行う美容

注射器

注射は体に入るものですから、安全を考えカウンセリングをしっかり行ってくれるクリニックに行くことが大事です。脂肪吸引と違って体の負担も少なくて済み、すぐに日常の生活に戻ることができるのも人気が高い要因です。

部分的に行う

カウンセリング

機械もいろいろとあります

ダイエットをしても体質などによって痩せられないという人は、美容外科クリニックで脂肪吸引をしてもらうことによって脂肪を直接減らすことができます。もちろん、使用する注射の機械や施術方法によって、脂肪除去率や痛みなどが変わってくるため、カウンセリングを受けて決めます。まずは、カウンセリングを受けることから始まり、理想のボディラインになるようにシミュレーションします。その時に脂肪の付き具合や筋肉質なども判断材料となります。ちなみに、気になる部分のみを吸引するのが脂肪吸引のメリットであり、顎やお腹周りや太ももなど気になる部分を指定して行うことができます。もちろん、お腹周りなどは皮下脂肪が多く、急激に減らすと体調を崩すこともあるため、使用する機械や体重などから判断されます。ちなみに、脂肪吸引ではカニューレと呼ばれる注射針が使われます。そして、必ず確認しておくべきことが、カニューレで脂肪を吸引するため痛みがどのくらいあるのか、また施術方法やリスクを理解したうえで行うことが必要です。美容外科クリニックによってシミュレーターを使って脂肪吸引後の体型を知ることができるため、イメージしやすいです。ちなみに、部分的に吸引をすることはできますが、バランスが崩れると意味がないため、ボディラインに考えながらシミュレーションが行われます。そして、脂肪吸引をするにあたってBMIや血液検査によって施術が安全に行えるのかもチェックされます。使用する機械に関しては、脂肪の量や場所によって変わります。脂肪溶解注射を使う方法もありますが、即効性は低いです。その点、専用の機械を使って皮下脂肪を液状化させてから吸引、超音波を用いて行う方法があります。その中で主流となっているのが、超音波を使って皮下脂肪を液状化させて除去する方法です。この方法のメリットは脂肪除去率が高いという点と、痛みも極力抑えることができるという点です。もちろん、痛みがあるため麻酔注射も行い負担を少なくして施術が進められます。脂肪吸引率は90パーセントほどとなっていて、施術後ははっきりと脂肪が減ったのが実感できます。ちなみに、施術時間は30分から1時間ほどで終わり、ダウンタイムは1週間ほどとなります。この方法の施術費用としては、二の腕で20万円前後となります。脂肪吸引後は感染症予防や腫れを抑える内服薬が処方されます。そして、脂肪吸引後は術後の経過などを確認するため1週間後から1カ月おきに受診をすることになります。施術後は脂肪が固くなることがあり、アフターフォローとして超音波マッサージなども行い、できるだけ早く通常の生活に戻れるように治療が行われます。そのため、美容外科クリニックで脂肪吸引を依頼するときには、安全性や最新の機械が導入されているかだけでなく、アフターフォローがしっかりとしているところを選ぶことが大切です。